日本で最初のポーカートーナメント

ワールドポーカーツアー(WPT)は昨年初めてのポーカートーナメントを主催し、合法的なカジノギャンブルには厳しい規制が適用されている日本においても東京で生中継されました。WPT拡大の一環として、ターゲットはアジア太平洋地域でありトーナメントは東京で行われました。WPTアジアはアジアポーカーツアー(APT)と共に、日本でポーカーイベントを開催する最初の主催者となりました。 WPTは11月に、4つのトーナメントから構成されるWPTジャパンの初開催を発表するプレスリリースを発表しました。このイベントは11月23〜26日に東京で開催され、受賞者には豪華な賞品が用意されています。日本の賭博法の規制により、報酬と参加費には制限が課されています。 日本ポーカー連盟の代表を務める薮内常広氏はインタビューの中で、ワールドポーカーツアーは日本におけるポーカーの新しい章を始めるのに最適なブランドであると述べています。日本ポーカー連盟は、このイベントを主催するWPTのローカルパートナーとなりました。このイベントの主な目的はより多くの観光客を国に呼び込むことであり、それをベースとしてギャンブルを合法化するための道すじを付ける事にありました。 面白い賞金プール 通常のWPTイベントではプレーヤーがゲームの大きな賞金プールをシェアすることができますが、WPTジャパンでは勝者には異なる形の報酬が用意されていました。賞金プールではなく、受賞者が今後のWPTイベントに使用できる報酬パッケージが用意されていたのです。日本ではほとんどのギャンブルが違法であるため、許可されているチャンスのゲームはごくわずかです。この中にはパチンコ、国営の宝くじ、スポーツくじが含まれます。ポーカーは違法とみなされ、お金を賭けてプレイすることはできません。そのため大きな賞金プールをWPTの選択肢とすることはできなかったのです。プレイヤーに報酬を与える唯一の方法は、パチンコと同じように引き換えの可能な賞品を使うことでした。 WPTジャパンの勝者への報酬は、北京で開催される次のWTPアジアイベントへの無料参加権です。現在WPTアジアイベントにはWPT北京、WPTインド、WPT韓国、そして現在はWPT日本が含まれています。WPTジャパンの優勝者は、WPT北京で使用できる15000ドルのパッケージを受け取ります。2位と3位は3500ドルと1700ドルの賞金を獲得します。 日本における今後のポーカートーナメントの拡大 マネーギャンブルが違法であるためポーカートーナメントには制限がありますが、多くの主催者は日本が2023年までには世界最大のギャンブル市場の1つになるであることを予想しています。ギャンブルの合法化に関する数十年にもわたる議論の後、日本はついにその観光業の一部を担うものとしてカジノ市場の開放を検討しています。すでに、国内で3つのカジノが制限された権限の下でカジノをホストすることを許可する法律が可決されました。多くのアナリストは、今後数年間で日本のカジノの収益は20億ドルを超える可能性があることを示唆しています。

Scroll to top