STATIONERY

ABOUT

私たち双子には、自閉症という先天性の障がいをもつ長男がいます。彼が趣味のカメラで撮る写真は、被写体を極限までに接写したものばかり。当然、現像した写真は全て単色でしたが、いつも満足気な表情を浮かべるのです。そんな彼にとっての大切な行為を、プロダクトで表現しようと思いました。彼がカメラを構えること、それは僕等にとって、本を読むことに近い、そう思ったのです。そこには新しい経験があり、人としての好奇心があり、達成感がある。イマジネーションへの世界の旅なのです。彼がファインダー越しに覗いていた単色の景色は、実際の世界よりも美しいのかもしれません。本が誘う空想の世界のように。

We have an older brother who has autism. He loved taking really close-up pictures. Of course, most of his photos were monochrome, but he always looked satisfied. Taking pictures to our brother was reading books to us. There are always new experiences, curiosity and sense of accomplishment. It’s a travel to the world of imagination. The world our brother saw through a camera might be more beautiful than the real world, just like the world of imagination that books create.

ブックカバーと同デザイン、同素材で製造されたレザーボールペンです。職人の繊細な技術によって、本革独特の上品な艶、しなやかさ、やわらかな手触りを実現しました。

"Genuine leather covered pen” The genuine leather covered pen has the same design and material as a book cover. The pen has e legant gloss, flexibility, and soft texture, and has now been commercialized by skilled craftsmen.

COLLABORATION

純国産・東京発のバッグ&ステーショナリーブランド 「GRANESS Tokyo」。1から100まで全ての工程を日本で行うというこだわりのもと、職人歴50年以上の革職人(マイスター)や、創業50年以上の歴史を重ねる東京の提携工場の中で、行われる丁寧なものづくり。MADE IN JAPANならではの繊細さ、丁寧さを持つ「GRANESS」との提携により、最高品質の本革製ブックカバーとレザーボールペンをお届けすることが可能となりました。GRANESS が使用するのは、表情豊かな本革。天然素材ならではのやさしい手触り、風合い、味わいが、デザインと技術の力で、丁寧に引き出されています。また、職人の技術が宿る、革の加工やプリント染色技術の積み重ねによって、本革独特の上品な艶、しなやかさ、やわらかな手触りを実現。繊細な技術から生まれる最高品質の「本革製ブックカバー&しおりセット」をお楽しみください。

GRANESS Tokyo is a bag and stationery brand from Tokyo. They do whole the process of production in Japan with leather artisans and factories that have more than 50 years’ experiences. GRANESS Tokyo uses natural leather that feels soft and smooth and long-term use gives an additional charm to the book covers and pens. Please enjoy our high quality book covers and pens with colorful and unique designs.

DESIGNERS

八重樫 季良

Kiyoshi Yaegashi

一見抽象的な幾何学パターンを描いたように見える絵だが、それが独自のアレンジによって描かれた建築物だと知ったら多くの人が驚くだろう。この表現様式を八重樫は子どもの頃、誰に習うことなく独創によって生み出し、以来半世紀余りにわたってこのただ一つのスタイルで創作し続けて来た。その作品数はおそらく数千点に及ぶと思われる。

Look closely, you may be surprised to find that this artwork portrays “buildings”, not just geometric patterns. Yaegashi established this unique style by himself in his childhood. For about 50 years, he has created over thousands of pieces with this style of artwork alone.

八重樫 道代

Michiyo Yaegashi

ブラシマーカーを用い、躍動に満ちた膨大な形と色彩がひしめく緻密な画面を生み出す。小さな頃から塗り絵が好きだったが、初めて「自分の絵」を描き始めたのは19歳の時。以来、堰を切ったように鮮烈な色彩と精緻な構成からなる作品を次々に生み出していった。

Yaegashi creates colorful, elaborate, and dynamic compositions of paintings with brush markers. Although she has enjoyed coloring since she was young, she was 19 years old when she finally started creating her own paintings. Since then, she has created tons of artwork composed of complex structures with vivid color.

佐々木 早苗

Sanae Sasaki

絵のみならず織り物、切り紙、刺繍など、いずれも緻密で色彩と構成の妙に富む様々な表現をおこなって来た。そして現在彼女が打ち込んでいるのは、通販カタログを1ページずつ、ボールペンの不思議な書き込みでじわじわと埋め尽くしいくこと。彼女は一つの仕事に数か月から数年集中して取り組んだあと、不意にやめて別の仕事に移るのが常。

Sasaki has created not only drawings, but also textiles, paper cutting crafts, and embroideries, those of which are composed by ingenious combinations of color and elaborate structures. She usually focuses on one artwork for several months or years and then begins to work on different artwork. She has now devoted herself to filling a page of a catalogue with her unique writings.