TIE

ABOUT

絵の具の立体感や、繊細な筆のタッチ、ムラや擦れまでもが、彼等のアート作品の魅力です。作品の魅力に最大限に近付く為の素材は何か?徹底的にディスカッションを重ねた結果、出した結論は「シルク」でした。アートが持つ魅力すべてを、絹糸を何層にも織ることで再構築しています。糸の盛りあがりを使うことで立体的に。同じ黒の中にも織り方に変化をつけ、筆の運びのような動きを。色ムラを絹糸で表現することでキラキラと宝石のように輝きます。

The artworks painted by people with intellectual disabilities have various charms: exquisite touches, irregularity and scratches. After we discuss what materials would bring out the charms, we found that it is silk. By weaving silk threads for many layers, we reproduce the artworks faithfully and beautifully on ties.

IMAGE MOVIE

【MV】GOMESS / MUKU
“自閉症と共に生きるラッパー”として注目され、スキルフルなフリースタイルと生きた証を綴ったリリックで高い評価を受けるGOMESS(ゴメス)。本プロジェクトに賛同いただき、楽曲の提供が実現。

COLLABORATION

創業明治38年 紳士洋品の老舗「銀座田屋」。MADE IN JAPANならではの仕上がりの繊細さや丁寧さを持つネクタイブランドとの提携が実現したことにより、最高品質のネクタイを提供することが可能となりました。「銀座田屋」は細い絹糸を使用する為、高密度・多色の織りで、細緻な紋様を表現します。これにより、アーティストのこだわりを、プリントではなく織りで実現することが可能となりました。一般の高級ネクタイでは、1寸(約3.03cm)あたり約200本の糸を打ち込むことが可能です。田屋では糸に改良を加え、その密度を500~600本にし、緻密さをグレードアップ。プリントを圧倒する表現力を実現しました。それだけに必要な時間と糸の量は、一般のネクタイの倍を要します。山形の自社工房から生み出される端整な艶と風格をお楽しみ下さい。

“Ginza TAYA” is a Japanese tie brand established in 1905. The fine silk threads and their technique to weave various colors densely have made it possible to reproduce our artists’ works beautifully. With the TAYA’s technique, we make exquisite and sophisticated “Made in Japan” ties.

DESIGNERS

八重樫 季良

Kiyoshi Yaegashi

一見抽象的な幾何学パターンを描いたように見える絵だが、それが独自のアレンジによって描かれた建築物だと知ったら多くの人が驚くだろう。この表現様式を八重樫は子どもの頃、誰に習うことなく独創によって生み出し、以来半世紀余りにわたってこのただ一つのスタイルで創作し続けて来た。その作品数はおそらく数千点に及ぶと思われる。

Look closely, you may be surprised to find that this artwork portrays “buildings”, not just geometric patterns. Yaegashi established this unique style by himself in his childhood. For about 50 years, he has created over thousands of pieces with this style of artwork alone.

八重樫 道代

Michiyo Yaegashi

ブラシマーカーを用い、躍動に満ちた膨大な形と色彩がひしめく緻密な画面を生み出す。小さな頃から塗り絵が好きだったが、初めて「自分の絵」を描き始めたのは19歳の時。以来、堰を切ったように鮮烈な色彩と精緻な構成からなる作品を次々に生み出していった。

Yaegashi creates colorful, elaborate, and dynamic compositions of paintings with brush markers. Although she has enjoyed coloring since she was young, she was 19 years old when she finally started creating her own paintings. Since then, she has created tons of artwork composed of complex structures with vivid color.

佐々木 早苗

Sanae Sasaki

絵のみならず織り物、切り紙、刺繍など、いずれも緻密で色彩と構成の妙に富む様々な表現をおこなって来た。そして現在彼女が打ち込んでいるのは、通販カタログを1ページずつ、ボールペンの不思議な書き込みでじわじわと埋め尽くしいくこと。彼女は一つの仕事に数か月から数年集中して取り組んだあと、不意にやめて別の仕事に移るのが常。

Sasaki has created not only drawings, but also textiles, paper cutting crafts, and embroideries, those of which are composed by ingenious combinations of color and elaborate structures. She usually focuses on one artwork for several months or years and then begins to work on different artwork. She has now devoted herself to filling a page of a catalogue with her unique writings.

小林 覚

Satoru Kobayashi

好きな音楽家はビリー・ジョエル、クイーン、井上陽水、スピッツ、THE BOOM。そして散歩が大好き。小林は養護学校中等部の在学中に、日記も作文もすべての文字を独特の形にアレンジして書くようになった。初め学校の先生も何とか直せないかと苦心したが、やがてこれを魅力的な造形表現ととらえることに切り替える。これを転機に、彼の表現は多くの人に喜びを与えるアートとして羽ばたき始めた。

Kobayashi started putting his own twist on letters in his diaries and essays while he was in middle school. Although, at first, his teachers tried to correct these kind of letters, they came to consider his writing style attractive, which was a turning point for Kobayashi. Since then, his artwork have given pleasure to many people. His favorite musicians are Billy Joel, Queen, Yosui Inoue, Spitz and THE BOOM.